【ださくない!】白シャツのメンズ夏コーデまとめ

Sponsored Link

女性が男性に求めるファッション、それは「清潔感」!清潔感のあるコーデを簡単に作るアイテムといえば、白シャツ。

 

トレンドにかかわらず使えるので、シンプルな白シャツは1枚持っておくといいですね。

 

今回は白シャツで作る夏のコーデを5つ紹介します

 



Sponsored Link


1.デニムと合わせる

メンズ夏白シャツ 1

白シャツとデニムを合わせるのは基本的で、誰でも挑戦しやすいコーディネート。

 

ノンウォッシュの濃い色のデニムを合わせればきれいめに、ウォッシュドのダメージデニムを合わせえればリラックスしたナチュラルな印象になります。

 

夏ですし、腕まくりやロールアップで肌を見せると、涼しげですし、実際涼しいです

 

誰でも挑戦できるコーディネートだからこそ、靴などの小物選びにセンスが問われます。

 

今年の靴のトレンドはクラシックなスニーカー。

 

引き続きニューバランスや、アディダスのスタンスミスなどが人気です。

 

夏ですから「健康サンダル」のようなビルケンシュトックのサンダルも良いでしょう。ビルケンの中でも、アリゾナやフロリダなどクラシックなタイプが人気です。

 

他の小物もおしゃれに使えたら完璧ですが、靴や帽子、鞄を合わせる程度にしておくと無難です。

 

似合わないアクセサリーを嫌う女性は多いです。似合わないアクセサリーを付けるくらいなら、無駄な装飾はしていない方が好感度高いですよ。

 

2.黒パンツと合わせる

メンズ夏白シャツ 2

続いては黒いパンツを合わせてモノトーンコーデです。

 

モードでおしゃれな印象ですね。モノトーンに揃えると簡単におしゃれな雰囲気を出すことができます。

 

こちらの写真のように、小物もほとんどモノトーンで揃えると更にかっこいい!

 

夏に黒を着るときは暑苦しく見えないように工夫が必要。

 

サンダルや、素足で合わせるモカシンなどを合わせると和らぎます。

 

3.羽織として着る

DSC_1366

DSC_1366

シャツの前ボタンをあけて、羽織物として着ているコーディネートを良く見かけます。

 

夏と言えばマリンルック。そこでボーダーのインナーはいかがでしょうか。

 

総柄のインナーは無地のインナーや、グラフィックTシャツなどを合わせるよりも簡単にコーディネートがきまりますよ。

 

総柄でないと羽織から見える部分のバランスのとり方が難しいです。

 

写真ではマルチボーダーのTシャツを半端丈の白シャツに合わせています。全体的に柄が透けていて素敵です。

 

4.半ズボンと合わせる

メンズ夏白シャツ 4

夏だからこそのスタイル。男性のショーツは種類豊富。

 

あまりに短いショーツはおしゃれに自信がない人はやめておいた方がいいでしょう

 

コーディネートに失敗すると、女性から見てもぎょっとしてしまうかも。

 

こちらの写真の男性くらいの丈だと、合わせやすいです。スニーカーとキャップを赤でそろえたカジュアルなコーディネートですね。

 

5.タックイン

メンズ夏白シャツ 5

80’sや90’sがトレンド。この夏挑戦したいのはタックイン。

 

レディスファッションではタックインだけでなくハイウェストやボディコンシャスなラインの服がはやっています。

 

流行に敏感な女性と並んで歩くなら、トレンドを取り入れたファッションにしてみては。

 

タックインは失敗すると夏のビジネスマン見たいになってしまうかも。大切なのはシャツのウエスト部分に余裕を持たせることと、おしゃれなベルトをすること。

 

スーツのベルトなんてあわせちゃだめですよ。

 

白シャツをチノパンにタックインしています。カーディガンをプロデューサー巻きしていて90’sスタイルです。

 

こちらの男性はとっても素敵ですが、おしゃれに自信がないときはプロデューサー巻きはやめておいた方がいいかもしれません。

 

女性の間でも流行していますが、賛否両論あります。

 

写真でも、タックインしているウエスト部分のシャツに余裕がありますね。ぴったりインすると、かえってダサくなってしまいますよ。

 

タックインは最近流行していませんでしたが、シャツの着方は本来タックイン。今後流行が継続すると思いますから、ぜひマスターしてください。

 

まとめ

 

白シャツコーデを5つ紹介してきました。中には長袖の白シャツを用いたコーディネートもあります。

 

シャツは薄く、特にタックインしない場合には下から風が通るし、直射日光にもあたらないので涼しいです。

 

冷房の風が冷たく感じる人にも長袖をお勧めします。

 

長袖の白シャツを夏着るときには、靴を夏らしくしたり、裾や袖を少し捲ったりして肌を見せると涼しげになります。

 

ロールアップや腕まくりのバランスは、なかなかすぐには分からないかもしれません。

 

大切なのは全身鏡でコーディネートのバランスを確認すること。

 

なかなか分からないかもしれませんが、毎日お出かけ前にチェックしていればすぐに自分に似合う着こなしがわかりますよ。

Sponsored Link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ