夏のメンズ靴おしゃれコーデまとめ!

Sponsored Link

「足元はお洒落から」という言葉が
ありますが、人によって解釈の仕方も
沢山あるかもしれません。

 

コーディネイトは基本的に、ボトムスを
最初に決めてからトップスを決めた方が
考えやすいと言われています。

 

顔に近いトップスはすぐに印象を
変えられますが、軸となってまとめてくれる
のはボトムスですよね。

 

このような解釈の仕方もあるのでは
ないでしょうか?

 

ということで今回は、パンツとシューズを
メインに、夏のコーディネイトを解説して
いきます!



Sponsored Link


 

靴とパンツおしゃれメンズコーディネートまとめ!

 

ジーンズ×スリッポンの大人渋いスタイル!

image1

引用元:http://wear.jp/91812/coordinate/4369950/

 

かなりシンプルなコーディネイトですが、
所々に拘りがあってとてもお洒落ですね♪

 

春夏トレンドのジーンズはクロップド丈まで
ロールアップして季節感を出しています。

 

大人スタイルに仕上げるコツとして、
適度なダメージ加工と細すぎないシルエットです。

 

スリムストレートやテーパードのシルエット
は、女性ウケが良いですよ♪

 

しかしながら、ジーンズは好みもあるかと
思いますので、全身のバランスを見ることが大事ですよね◎

 

シューズはカジュアルになり過ぎない、
メッシュのスリッポンをチョイス。

 

アッパーがレザー素材のモノだと、
スニーカーよりも落ち着いた印象に
仕上がります。

 

ラバーソールのカジュアル感がジーンズと
マッチしていますね!

 

そして今年のトレンドアイテム、
オーバーサイズの白いTシャツをセレクト。

 

薄らと柄が入っているデザインがGOOD◎

 

Tシャツコーデでも子供っぽく見えないのは、
全身のゆったりとしたシルエットと
落ち着いた足元のおかげですね♪

 

派手な柄ショーツはドレスシューズでシメる!

image2

引用元:http://wear.jp/rb4011_3/coordinate/4377609/

 

夏は派手な柄ショーツを着たくなる季節では
ないでしょうか?

 

例えば写真のような変形ボーダー柄の
ショーツ。

 

太いボーダー柄なので、
派手に見えがちです。

 

そんな時はレザーシューズで押さえると
落ち着いたスタイリングに早変わり♪

 

ブラウン系の色味だとコーディネイトが
明るく見えますね!

 

ブラックは重さを出したい時に、
ネイビーは清涼感や統一感を出したい時に
オススメですよ◎

 

ロング丈カットソーと
二連のロングネックレスが映えていますね!

 

どちらも今夏トレンドのアイテムです。

 

気になる方はチェックしてみてくださいね!

 

黒ショーツ×スポーツサンダルで最新コーデ?!

image3

引用元:http://wear.jp/20061215/coordinate/4390431/

 

最後は、有名雑誌やスナップでも
多く取り上げられている、
スポーツサンダル×ソックスが目を引くこちらのコーディネイト。

 

一歩間違えると、
子供っぽく見られがちです。

 

派手な色合いでコーディネイトを
するよりは、モノトーンや差し色程度で
押さえる事がかっこよく大人に着こなすポイントです!

 

今回は黒ショーツ×黒のスポーツサンダルが
落ち着いた印象に見えますね。

 

白ソックスがしっかり映えています◎

 

スポーツテイストなので、
Tシャツもスポーツブランドのアイテムをセレクト。

 

ロゴがネオンオレンジでアクセントに。

 

モノトーンコーデの中に差し色があると、
夏らしいアクセントになりますね◎

 

アクセサリーや小物使いで落ち着いた大人の
スタイリングにする事もポイントです!

 

薄着になる季節、ラフなコーディネイト
の時こそ、気を遣って頂きたいですね♪

 

だからと言って、
ジャラジャラは禁物ですよ(笑)

 

まとめ

 

お洒落なコーディネイトは、
足元からテイストがしっかりキマっている事
が多いように感じませんか?

 

まずはボトムスにシューズ、それから
トップスを決めるように意識してみると、
新しい発見があるかもしれませんね♪

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます↓
半端丈パンツに合う靴おしゃれメンズコーデ3選!
靴とパンツ合わせ方メンズ基本コーデまとめ!
夏の靴メンズコーデ!おしゃれ履きこなしまとめ!

Sponsored Link


一緒に読まれている記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ